血糖値を下げる事が出来る健康食品|メカニズムを知って対策しよう

お腹

食材の事を考える

ストレッチ

外食などが多いと血糖値が上がってしまう事になるので自炊をするようにしましょう。時間が無い方には負担になりますし、家族がいる方は協力をして貰わなくてはなりませんが、数値を下げる事によって安心して日常を過ごせるようにしましょう。

View Detail

変わった方法

老人

食事の回数を増やす事によって血糖値を下げる事ができます。普通に考えれば血糖値が上がってしまうのではないかと考えてしまいますが、1回の食事の量を減らす事によって下げる事ができます。間食をしてしまうと意味が無いので間食は避けましょう。

View Detail

まだ謎が多くあります

栄養補助食品

量と質が大切です

血糖値を下げる方法として、まず挙げられる方法が炭水化物の摂取を控えることですが、炭水化物を全くとらないことは健康被害が出かねません。そのため、炭水化物を抜くのではなく、炭水化物の摂取量を減らすことが大切となります。また、どの炭水化物を摂取するかにもよります。単糖類や二類糖は血糖値を急激に上昇する働きがありますが、多糖類の場合は糖の分解を要するためその分血糖値の上昇がゆるやかになります。前者の具体例としては砂糖やブドウ糖、はちみつなどが挙げられます。後者はでんぷんが挙げられます。したがって、少量の炭水化物をして摂取するのであれば砂糖の多いお菓子を食べるより、でんぷんが主のごはんを食べた方が血糖値の上昇を防げます。これが従来の方法となります。

今は未完全です

血糖値を下げるということはダイエットにも有効ということが分かり、今やその方法はダイエットブームの一つとなっています。そのため、炭水化物を抜いて血糖値を下げる動きが多くみられています。しかし、血糖値を上げるはずのごはんが実は下げることが分かってきており、さらには体重減少の効果さえありました。しかも規定量以上ごはんを摂取してもこの結果になることがわかりました(ただし青天井ではありません)。その結果が従来の炭水化物抜きダイエットに大きな衝撃を与えました。つまり、「炭水化物=血糖値が上がる食品」と一概に言えなくなりました。また、「ごはん=太る」という考えもここで打ち消されました。このように、血糖値を下げるメカニズムは完全に解明された訳ではありません。そのため、それが今後新たな血糖値に関するメカニズム、そしてそれをもとにしたダイエット法が変わってくることが考えられます。

食、運動、睡眠の3本柱

サプリメント

血糖値を下げるには、ビタミンB、亜鉛やマグネシウムを摂取することが大切です。カロリーや糖質制限に加え、摂取すべき栄養素をきちんと摂りましょう。運動ももちろん大切です。そして、最も重要なのは睡眠です。睡眠不足はインスリンの効果を下げ、ストレスを溜め、糖尿病のリスクを高めます。すぐに改めましょう。

View Detail